妊娠

胎動が痛い!胎動が弱い!胎動の強弱には問題はないの?

胎動の痛みや強弱について

%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e3%80%80%e8%83%8e%e5%8b%95

胎動は個人差がありますが、およそ妊娠5ヶ月頃から感じられ遅い妊婦さんでも妊娠7ヶ月頃には胎動を感じるようになります。

赤ちゃんが大きくなる事で胎動の強さも大きくなります。そのため痛みを感じる事もあります。
しかし、痛みをあまり感じなかったり胎動が弱いと逆に不安になってしまいますよね。

胎動は、赤ちゃんが元気に育っている証ですが、胎動の痛みを感じるくらい激しかったり、胎動を感じられないほど弱かったりすると不安な気持ちが起こります、安心したマタニティーライフが過ごせるようにおなかの中の赤ちゃんの動きとママの胎動の感じ方を知ってみましょう。

 

胎動が痛いくらい激しい時のママの心得

胎動は、赤ちゃんが元気に育っていますよ!というママへのサインです。ママのおなかの中に授かった時から赤ちゃんは動いています。

ママのおなかの中で赤ちゃんが順調に成長してくると手足を伸ばしたり、体の位置を変えたりした時に胎動が強く感じその動きが痛みとなって感じる場合があります。

胎動の感じ方も個人差があって、激しいく動いてもあまり痛みを感じにくいママもいるようです。
またその逆に、赤ちゃんが大きく動くたびに強い痛みを感じるママもいるようです。痛みを感じやすい人は妊娠以前より痩せ型の人に多いともいわれています。

赤ちゃんがママのおなかの中で動き回っていることは、赤ちゃんが無事に元気良く成長しているサインでもあります。赤ちゃんの胎動でまだ姿が見えないママとの大切なコミニュケーションと捉えるとこれから生まれて来る我が子が愛らしく感じるのではないでしょうか。

 

*胎動が弱い

胎動を感じ始めるころは、妊娠5ヶ月の第3週目に入る頃です。胎動を感じるようになると、妊娠した実感が沸きはじめ喜びもひとしおでしょう。

胎動の感じ方も個人差があって、遅い人では妊娠7~8ヶ月頃になって感じる人もいます。健診の際に赤ちゃんが元気で成長をしていることが確認ができれば胎動を感じなくても心配する必要はないと思われます。

健診の際に、タイミングよく赤ちゃんが動いている時にエコーで見ることがあったりすることもあるかもしれません。楽しみに待ってみるくらいの気持ちでいましょう。

 

*胎動が感じられにくい原因

胎動が感じにくいと言われる要因といしては、妊娠以前よりふくよかで脂肪が多かったりするママは胎動が感じにくいといわれています。

また赤ちゃん自身が、活発な子もいれば、おなしい動きをする赤ちゃんもいて赤ちゃんの個性で動き方も違って感じ取れます。

成長をしていくにしたがって動きがおとなしい赤ちゃんであっても胎動を感じやすい体制やタイミングや時間帯なども関連してきます。

例えば、ママが食事をしている時など、手足を伸ばしたり体の位置を変える時などに感じられるようになるといわれます。
妊娠後期の前半には赤ちゃんの成がいますが長に伴い胎動が感じられるようになってきます。

 

*胎動は赤ちゃんとのコミュニケーション

%e8%83%8e%e5%8b%95%e3%80%80%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

胎動を感じやすいママと感じにくいママがいますが、妊娠初期や妊娠中期には感じにくくても妊娠後期になるころには、あかちゃんの体の位置までもわかるくらいになるようになってきます。
赤ちゃんが蹴ってきた場所を押すと赤ちゃんが押し返して来るもあったり、おなかを摩っていると摩っている場所に体をつけて来る赤ちゃんもいるそうです。

胎動を通してママと赤ちゃんの素敵なコミニュケーションができるようにもなり、ますます赤ちゃんの生まれて来る時が楽しみになってきます。

ママのおなかにいる時は、あと少しです。おなかの中にいる赤ちゃんとのコミニュケーションが取れる今の時期を大切にしておくこともとても大事なコミニュケーションだと思います。
赤ちゃんがママのおなかを蹴ったり、押したりすることも赤ちゃんが生まれてきたときにはもう、味わうことがありませんからいい思い出を作っておきましょう。

-妊娠

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5