健康 妊娠

坐骨神経痛の痛みの症状と対策

坐骨神経痛とは?症状と対策

妊婦 骨盤

妊娠しておなかの赤ちゃんが大きく成長していくにつれて羊水も増え、子宮の重みが増してきます。

子宮は、骨盤の底辺にある骨盤底筋といわれる筋肉によって支えられていますが、子宮の重さに骨盤が負荷がかかり、骨盤のバランスが崩れていくことで坐骨神経が圧迫されて痛みを感じるようになってきます。

腰痛の痛みは妊娠している大半のママが体験することですが、腰痛の痛みをそのままに状態にしていくことで坐骨神経痛になりやすとも言われています。
腰から足にかけてしびれや痛みが起きる前に予防をしておきましょう。

 

坐骨神経痛の原因

妊娠 胎動

おなかの中の赤ちゃんが大きくなることで子宮が大きくなり、出産に備えて骨盤や恥骨が開き、子宮の重さや赤ちゃんの重心の変化で骨盤底筋のバランスが崩れることで坐骨神経が圧迫されて痛みが起こると考えられています。

坐骨神経痛には、さまざまな原因で引き起こされ、はっきりした詳しいメカニズムは分かっていないともいわれています。
坐骨神経が圧迫されている状態で、神経が刺激されていることで痛みが出る人と、痛みが出ない人いるということです。

坐骨神経痛は、妊娠中のストレスが上手く発散できない状態になると体が敏感に感じやすくなったりしてくるようです。

妊娠後期になると、おなかが大きくなり坐骨神経が圧迫されやすく、出産への不安感などなどのストレスが原因で坐骨神経痛が起こりやすくなってくるともいわれます。

 

坐骨神経痛の症状

陣痛の痛みと時間

坐骨神経痛は、お尻から太ももの裏側からふくらはぎまで痛みやしびれなどの症状がおこります。
腰の痛みが続き痛みをそのまま放置していた状態後は、お尻や足の方に痛みを感じるようになっていき坐骨神経痛になっていくようです。

坐骨神経痛になると、おなかも大きくなることで思うように体を動かすことができなくなったりします。
ひどい人になると日常の生活に支障が伴い、湯船に入ることやズボンや靴下などが履けなくなったり、痛みを感じて動けなくなる人もいるようです。

出産時は、赤ちゃんをいきんで出産をしますから、坐骨神経痛が酷い人になるといきむことができない状態となり帝王切開に切り替わるようになってしまいます。

 

反り腰の姿勢には注意が必要

妊娠 坐骨神経痛

ママのおなかが大きくなると、自然と腰を反るような姿勢になってしまいます。
腰周辺には、坐骨神経があるため腰を反りかえすことが頻繁になってくると刺激を受ける坐骨神経に痛みが走るようになり坐骨神経痛が起きるようになってしまいます。

妊娠後期になるとおなかが大きくなることで腰を反る癖がつきやすくなるため少しでも注意が必要になってきます。

 

坐骨神経痛の対処法

maternityyoga

ママのおなかも大きくなってくるころから、肉体的にも精神的にも不安定な時期となってきます。家族の協力を得ながら無理をせず、ママに合った姿勢や日常生活を生まれてくる赤ちゃんとママのためにゆったり過ごせるように心掛けていきましょう。

  1. 体を温める
    坐骨神経は、腰からつま先まで通っています。ゆっくりと痛む下半身を温めることで症状が緩和されるとも言われていま す。
    上にお子さんいるママは、パパに上の子の面倒を見てもらい、心身共にゆったりとくつろぐ時間をもらって固くなった筋肉を柔軟し、血流が良くなるよう体を温めることを心がけましょう。
    日常の生活も体を冷やさないような服装であったり、靴下などを履いたり、飲み物も冷たいものはできるだけ避け、痛みのある場所を、ホッカイロで温めてみましょう。
  2. 軽いストレッチ
    ストレッチも無理をしないで軽い筋肉をのばすようにします。先ずは、座って足をひろげ片方の足をおなかに負荷がかからないようにまげて楽な姿勢で、伸ばした足の方に体を曲げ、足の筋肉を伸ばす軽い感じで行います。
    痛みが伴うストレッチは、絶対にやめましょう。
    おなかに張りがあったり、痛みのある時は、絶対しないようにしましょう。
  3. マッサージをしてもらう
    痛みのある場所を優しくマッサージをして、筋肉を和らげてみましょう。
    優しくマッサージをするだけでも筋肉がほぐれて痛みが楽になったりします。
  4. 骨盤ベルトやコルセット
    妊娠後半になると、おなかが大きくなり赤ちゃんも骨盤に下がってくることから、骨盤が不安定になってきます。
    骨盤ベルトで安定され腰への負担が軽減されますから、骨盤ベルト等の使用をおすすめします。
    支持率№1・トコちゃんベルト
  5. 安定した横向きの寝方
    おなかが大きくなった妊婦さんの寝方にも、楽な姿勢とそうでない寝方がありますから、寝やすい向きであったり、足の位置であったり、一番楽な体勢で痛みが治まるまで体勢を変えながら横になって体を休めましょう。

-健康, 妊娠

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5