出産

臨月のおしるしと痛みの伴う出血の心配

更新日:

おしるしと出血の違い

%e8%87%a8%e6%9c%88%e3%80%80%e3%81%8a%e3%81%97%e3%82%8b%e3%81%97%e3%80%80%e5%87%ba%e8%a1%80%e3%80%80%e3%81%8a%e7%94%a3

妊娠37週目に入ると出産を迎える心の準備が始まり、いつきても大丈夫なように出産に備えていきます。出産の合図のおしるしは人によって異なり、おしるしがくる人もあればこない人もいてすべての妊婦がくるわけでもありません。

おしるしがきたからすぐに陣痛が始まるかというと何日も陣痛がこなかったという例もありますから、焦ったり、不安にならないようにします。
出血については、出産が近づいている頃に「おしるし」なのか「不正出血」なのか判断がつきにくくもなってきます。

「おしるし」なのか「不正出血」なのかの判断など、不安や焦りなどの心配を少しでも和らげるためにもいろいろと知っておき対応がスムーズにできるようにしておきましょう。

出産の合図のおしるしの量

出産が近づき始めてくると赤ちゃんの頭は日増しに下に下がっていき、子宮口も少しづつお産に向けて開き始めてきます。
「おしるし」が起こる仕組みは、開き始めた子宮口が収縮する赤ちゃんが包まれている卵膜という袋が破れ、その時の少量の血液と子宮頚管の分泌液の粘液と混ざって「おしるし」となって知らせてくれます。

「おしるし」の量には、気が付かないほどの少量の人もあれば、ドロッとした粘液が混ざったわかりやすい状態で出てくる場合があります。

痛みを伴う出血にも必ず、医師へ連絡して診察をけましょう。

粘液が少量で血液が混ざっているようなピンク色をおびている場合には、おしるしがあったことを見過ごしてしまうようなことも起出産予定日に近づきまじめた際には、トイレの関数も増えることから注意をして見逃さないようにしましょう。

「おしるし」の色

おしるしの色にも個人差があって、鮮血~褐色とさまざまです。おしるしの色は、おりものと子宮の収縮の状態や子宮口の開き具合と血の混ざった割合によって異なってきます。

おしるしのおおまかな色

*ピンク色で少量
*赤い色
*茶色
*褐色
*その他(白色等・・)

臨月の出血におしるしと違う不正出血

%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e3%80%80%e5%87%ba%e8%a1%80%e3%80%80%e4%b8%8d%e5%ae%89

出産の間近に出血が起こると「おしるし」と思いがちですが、「不正出血」の場合もあります。

おりものの混じった粘り気のある少量であれば心配はいりませんが、鮮血で量が多く長く続くような時には、胎児や母体に何かしらの異常が起きている可能性が高い場合がありますから、病院へ連絡をして病院側の指示に従って血の付いたナプキンを持っての診察を受けましょう。

「おしるし」の量があまりにも多かったり、「おしるし」が来てから陣痛が数日こない場合にも病院・産院に連絡をして指示を仰ぎましょう。

気を付けたい長引く出血

鮮血の長引く出血は、医師の指示や診察が必要となっていきますが、茶色い出血が長引いている時も医師へ連絡を入れることをおすすめします。

茶色の血は、時間が経過した状態のものです。出血が長引き出血も続くようであれば「おしるし」ではなく、不正出血の疑いがありますか病院等に連絡をしましょう。

鮮血~褐色以外の緑っぽい色をした出血をする妊婦さんもいるようです、医師にすぐに連絡を入れましょう。

おしるしがなく陣痛が起きる

「おしるし」の合図がない状態で陣痛が始まることもあります。おしるしがあったと妊婦さん自身が認識していた割合は、全体の2割~3割とも言われています。
経産婦より初産の方は、経験がなく気付かずに後で気が付く例もあるようです。おしるしの合図がなく陣痛が来て破水が起きて、出産という場合もあります。

また、急に破水が来て陣痛になることもありますから、前駆陣痛からおしるしがなくそのまま本陣痛になる妊婦さんもいます。経産婦さんでも初産の時とは、2回目の出産は違うことも多いといわれます。

心配や不安がある時は、先生とよく相談をしてみるのもいいですね。

-出産

Copyright© WebyMamaママ&キッズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.