妊娠

妊娠に気が付かなかった、みんなが気になる心配事

妊娠に気が付かなかった!!これって大丈夫?

妊娠中にやってしまった心配事

妊娠がわかるのは早くて、受精してからおよそ2~3週間後になります。
それまでは、通常の生活を送っていることと思います。

生理不順の人は特に気が付かなった何て事もよくある話なのです。

 

赤ちゃんが授かったことで心配なことは、赤ちゃんの大切な器官が作られる時期に、知らずにした行動に赤ちゃんに影響はないのかが気になるのではないでしょうか。

 

日常の生活でした行動は、ほとんどが心配ないといわれます。むしろ、過ぎたことを心配していることの方がかえって体にはよくありませんから、おおらかに構えていましょう。

 

妊娠に気付かずにした行動が心配する事

妊娠中 心配事

妊娠中とは気が付かずにやってしまった...

『お腹の中の赤ちゃんは大丈夫なの?』

きっとそんな経験もあると思います。妊娠中と分かった人が気にする心配事をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

 

1. 煙草を吸っていた

妊娠 禁煙

妊娠と気が付くまでタバコを吸っていた場合には、妊娠が判明したときに、すぐに煙草を吸っていなければ心配しなくても大丈夫です。

妊娠後は、喫煙者の煙草の煙も体にはよくありませんから、もしママの身近な人が吸っている時には煙草の煙には注意を心がけましょう。

https://webymama.top/maternity-nosmoking/

 

2. ヘアカラーやパーマをかけた

妊娠中のヘアカラー

パーマ液やヘアカラー液は、薬剤が頭皮に染み込みことで、赤ちゃんにまで影響することは、ほぼ考えられないといわれています。

妊娠を知ったことで気になる場合は、オーガニックのヘアカラーができるところもあるので美容室を変えてみるのもいいと思います。

 

3. お酒を毎晩飲んでいた

妊娠中 飲酒

酔っている時の精子や卵子は弱いといわれていても、無事に授かって育っているのであれば問題はありません。
ただし、今後は、お酒は控えましょう。

 

4. 飲み薬を飲んでしまった

薬にも、妊娠中に必要な薬もありますが、薬の服用は注意が必要です。
短期間で用量を守っての服用であれば心配はいらないとは言われますが心配な時は、医師に服用した薬名と期間と服用量を言って訪ねてみましょう。

ママが妊娠中に飲んだ薬は、血液中を流れて胎盤をも通過して赤ちゃんの血液の中に入るといわれています。

4週~7週の間は、薬の影響を受けやすい時期といわれますが、極わずかな限られた薬といわれ、市販薬の通常の量で数回飲んだくらいであれば、基本的には問題ないといわれています。

妊娠が分かってからは、決して飲まないようにしましょう。

 

5. 健康診断で胸のⅩ線撮影をうけた

過去、妊婦さんに結核検査のためにⅩ線撮影をした時期もあったとも言われます。

X線撮影を受ける際に、妊娠の可能性があるかどうか記入する欄がありますがすでに受けてしまった場合でも心配する必要はないとは思いますが、今後は妊娠をしていることをはっきり伝えましょう。
気になるようであれば医師に相談しましょう。

 

6. 歯の治療で麻酔をうった

妊娠中 歯科

歯の治療で使う麻酔の量は、極微量で赤ちゃんには影響はないといわれていますが、気になる時には、医師に相談してみましょう。

 

7. 毎日、パソコンを使用している

デスクワークでパソコンの前に一日中いて電磁波の心配をされる方がいますが、ワープロやパソコンの電磁波で赤ちゃんに影響するようなことはないといわれていますが、電磁波予防のエプロンを使っていれば安心ですね。

 

8. ダイエットをした

急激なダイエットをしていても赤ちゃんは子宮の中で守られて成長をしています。過去のダイエットの心配は考えられないと思われます。
今後は、赤ちゃんのこともママ自身のことも考えて体にいいものを食べていくようにしましょう。

 

妊娠が分かったら、しっかりと栄養を!!

9. 温泉に入った

温泉に行くと、妊娠中の入湯を禁忌事項にあげられていることがありますが、入湯が悪いのではなく、妊婦さんが体のバランスを崩して足を滑らせやすいためであったり、湯あたりしやすいことなどを心配してのことと思われます。

 

10. 激しい運動をしていた

妊娠中 運動

激しい運動をしていたとしても、体調を悪くすることなく順調に成長をしているのであれば心配はいらないと思われます。

 

妊娠中も適度な運動をしておく事で、身体にもいいですし運動することでストレス発散にもなるので無理なく身体を動かすようにしましょう。

 

11. ストレスがたまっていた

妊娠中のストレス

家庭や職場などで人間関係が上手くいかずストレスを抱えていたとしても赤ちゃんに問題が起きることはほぼないと思われます。

また妊娠中はホルモンバランスで気持ちが不安定になりやすかったりします。周囲の理解や協力があれば、少し心は楽になるので無理のないようにため込む事をせずのんびりそんな自分も受け入れていきましょう。

 

妊娠したことに気付く前にしたことについて「あんなことをしてしまった」などと過ぎし日のことをくよくよ考えず、今を大切にしていきましょう。

妊娠初期は、マタニティブルーになりがちですが、外に出てお友達と会っておしゃべりなどをして気分転換をしていきましょう。

-妊娠

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5