妊娠

妊娠後期 妊娠9ヵ月の症状(妊娠32週~妊娠35週)

妊娠 症状 9ヵ月

妊娠9ヵ月(妊娠32週~妊娠35週)

妊娠9ヵ月になると、おなかも大きく重みが増し、腰痛や息切れ、便秘などさらに体へ負担がかかってきます。

 

妊娠9ヵ月の後半ごろからは里帰りを考えているママも多いのではないでしょうか。実家に戻ると安心してつい気が緩んで食生活が乱れて体重を増やすことがないように気を付けていましょう。

体重の増加は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病にかかりやすくなりますから、気を付けていましょう。

 

この頃の赤ちゃんの体は、外の世界へ出ても大丈夫なようにほとんどの器官が完成に近づいています。体も大きくなり子宮の中が窮屈感を感じるようになって肘や膝を突き出すようになります。

 

妊婦の症状

妊娠9ヶ月に入ると、おなかにいる赤ちゃんが大きくなることからママの体にいろいろな症状が起きてきます。

  • 子宮の位置がさらに高くなります
  • おなかが大きくなったことで足の付け根が痛むようになる
  • トイレに行く回数が頻繁になる
  • 排尿後でも残尿感が残る
  • くしゃみや咳をした拍子に尿漏れを起こす
  • 動悸や息切れがひどくなる
  • おりものがさらに増える
  • 妊娠線ができやすくなる

おなかが張る

子宮の筋肉の収張る縮の回数が増えてきますが、おなかの張りが来たときには静かに横になっていれば治まります。

足のむくみも寝る前に足元を高くして寝るとだるさも抜けてきます。

 

体重管理は大事

この時期は、非常に太りやすく太ってしまうことで難産になる原因にもなります。
産道に脂肪が付きすぎてしまうと産道を狭くさせて赤ちゃんを正常に分娩できない状態になりかねません。

出産に備えて食生活に気を配り急激に体重を増やさないよう体重管理を怠らないようにしましょう。

 

睡眠が浅い

おなかも大きくなってきたことから苦しくなって眠れない状態になったりします。また、女性ホルモンのエストロゲンの影響によるものとも言われます。日中眠れそうなときに睡眠をとっておくことも体力の回復となります。

神経質にならずに休める時に体を休めておきましょう。

 

引きこもりになりがち

おなかが大きくなってきたことで、反った姿勢を取りがちになり腰や背中、足の付け根などが痛みを感じるようになってきたりすると、外出するのも億劫になりがちになってしまいます。

夜眠れない状況が続くと益々、引きこもりがちになってしまいますが、近所を散歩したりして外の空気を吸うのも気分転換になります。

おなかが大きくなり重みも増し始めると腰や足の付け根が痛くなってきますが、腰痛ベルトで前に出た下がり気味のおなかを支えてくれることで腰も足のるけ根にも負荷が軽減され、痛みも和らぎ楽に動けるようになります。
妊娠 胎動

赤ちゃんの成長

身長・・・約450㎝
体重・・・約1800~2400g
胎盤・・・約410g
羊水・・・約950ml

  • 皮下脂肪が増えてふっくらとして、シワがなくなる
  • 肺の機能が成熟し、体外生活が可能となります
  • 全身の産毛が消えてきます
  • 爪は指先まで伸びている
  • 光を感じるようになり光から目をそらすこともできる

胎動が少なくなり動くときはダイナミック

骨盤内で安定し始めると動く回数も少なくなってきますが、手足が動くときはおなかが波打つ感じになったりと赤ちゃんの成長ぶりが感じられます。

 

内臓機能の発達

内臓器官もできてきたことから羊水を口から飲んで膀胱からおしっこを排泄するようになります。

-妊娠

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5