妊娠

妊娠後期 妊娠8ヵ月(妊娠28週~妊娠31週)

妊娠 症状 8ヵ月

妊娠8ヵ月(妊娠28週~妊娠31週)

妊娠8ヵ月に入ると、急にお産が始まっても大丈夫なように出産に必要なママの入院準備品や赤ちゃん用品の準備が本格的に進めていく時期となります。

病院側からの入院に必要な準備品の情報や今まで集めた情報をもとに入院時に必要なもの、退院時に必要なもの、退院後に必要なもの購入リストを前もって用意し購入をしていきましょう。

子宮の中で赤ちゃんの位置が定まってきます、逆子の状態であれば逆子直しの体操や姿勢は無理のないように産院から指導されたように行いましょう。

 

妊婦の症状

妊娠後期の妊娠8ヶ月に入ると、子宮が大きくなる事で内臓が圧迫され、特に胃に圧迫感を感じるようになり食事も一度に食べられなく小分けにして食事の回数を増やしたり、間食をしながら栄養バランスを取るようにします。

胃の圧迫等により妊娠後期もつわりの症状が起こることもあります。

妊娠8ヶ月の症状

  • おなかの張る回数が増える
  • 手足のむくみ、しびれがおこる
  • 動悸、息切れ、胃もたれがする
  • 便秘から痔になりやすい
  • 乳首や乳輪の色が濃くなる
  • お腹が大きくなることで腰痛が起こる
  • 吐き気や嘔吐のつわりの症状がおこる

便秘や痔に悩まされる

妊娠後期は、子宮の圧迫とホルモンの影響で便秘や痔になる傾向がおきてきます。
便秘になることで痔になりやすくなりますから、便通にいい食べ物を食するようにしましょう。

食物繊維を意識した野菜や根菜、海藻などを摂取して、血行を良くするための軽い運動も取り入れましょう。

 

逆子直し

赤ちゃんの位置が定められるようになる妊娠8ヶ月に、逆子の診断を受けると医師から逆子体操をすすめられます。
逆子体操は、赤ちゃんと母体に負荷をかけない体勢で自然に逆子を治していく方法です。

 

逆子になる原因は、体の冷えと運動不足からくるともいわれています。

逆子体操は逆子になっている赤ちゃんを骨盤からずらして、赤ちゃんの体を自由に動きやすくすることで、赤ちゃん自らの力で逆子の状態から正常な状態へ自然に戻ることができまるようになります。

 

逆子直し体操のやり方の説明

妊婦 ヨガ 体操

胸膝位(きょうしつい)
  1. 四つん這いになります
  2. 手を前に伸ばしていき胸を床につけお尻を高く上げる体勢をとります
  3. 顔の下に枕を置いて、そのままで10~15分ほど同じ姿勢を保ちます
  4. その姿勢のまま横になって休みます
仰臥位(ぎょうがい)
  1. 仰向けになります
  2. お尻の下に30㎝くらいの高さのクッションや布団などを置きます
  3. 10分ほどお尻を持ち上げた体勢をとります
    (慣れないうちは無理のない時間にしましょう)
シムスの体位
  1. 胸膝位と仰臥位の体勢をした後、そのまま横になって寝ます

注意点

おなかに張りや痛みなどの症状が起きた時は、無理をしないで中止しましょう。
切迫早産の恐れのある人や逆子の体操をしてはいけない人もいますから、医師と相談のうえおこないましょう。

 

赤ちゃんの成長

身長・・・約40㎝
体重・・・約1500g
胎盤・・・約365g
羊水・・・約850ml

赤ちゃんの成長と胎盤の状態

・聴覚や視覚の発達で外の環境に反応する
・内臓器官や中枢神経の機能が整う
・呼吸用運動がみられる
・羊水の量のピーク
・健診も月2回になります

呼吸用運動とは

赤ちゃんはおなかの中にいる時は「肺呼吸はしていません」。

酸素の補給は、胎盤と臍帯(さいたい)を通して行われます。

妊娠8ヵ月頃から、羊水を飲んでは肺の中にためこんで吐き出す「呼吸様運動」をしておなかの中での赤ちゃんの呼吸の練習です。

-妊娠

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5