妊娠

妊娠中の貧血はトラブルが起こりやすい

妊娠中の貧血はトラブルが怖い

%e8%91%89%e9%85%b8%e3%80%80%e8%b2%a7%e8%a1%80

妊娠中は貧血になる妊婦さんが多く、食事から摂るように心がけている妊婦さんも多いことと思います。
妊娠初期の頃は、つわりもあったりとなかなか思うように食品から栄養を摂れない妊婦さんもいたりしますが、赤ちゃんに栄養を送ってあげるためにも食事の管理は重要になってきます。

妊娠すると血液を赤ちゃんに送るようになると血液の循環量も大幅に増えてきますが、赤血球の製造が追いつかなくなってしまいます。

赤ちゃん自身も血液を作っていくためにもママの血液から鉄分をどんどん吸収していきます。
そのためにも、ママが鉄分を補給していかないと鉄が不足して鉄欠乏症貧血の症状になってしまう可能性が起こってしまいます。

貧血が酷くなると出産時のトラブルが起こったりします、無事に出産を終えるためにも貧血の予防策を知っておきましょう。

妊娠初期による貧血のトラブル

妊娠初期などに多く見られる頭痛等に、鉄欠乏症貧血の懸念がされています。
貧血は妊婦に与える影響は多大です、赤血球を作るには鉄が必要となり赤ちゃん自身の血液を作るためにも、ママの血液から鉄を吸収していくためママの血液の鉄分が不足気味となってしまいます。

赤ちゃんの大切な体や内臓器官が形成される時期には、赤ちゃん自身が鉄を必要とすれば特に優先的に確保していきます。

ママの血液が赤ちゃんのほうに流れていくために、ママは貧血気味になることが多くなり血液も薄くなるともいわれ、母体に影響が出てきて不調になることも多くなってきますから妊娠初期は、ママの栄養補給が必要になってきます。

貧血を予防するために病院からの薬が処方されたり、栄養補助としてサプリメントが大切になってきます。

貧血を予防するためにいろいろな方法がありますが、できれば食事からの栄養補給が最重要として鉄が含まれている食品を積極的に摂取することを意識していきましょう。

貧血で心配なのは、出産時のトラブル

%e3%83%99%e3%83%93%e3%83%bc%e3%80%80%e5%87%ba%e7%94%a3

赤血球を作るためには鉄が欠かせませんが、鉄は酸素とくっついて体中に酸素を運ぶ役割をも担っています。
鉄が不足する事で体の中に十分な酸素が行き渡らなくなっていってしまいます。

鉄分の不足による体の不調

・めまい
・動悸
・手足の冷え
・頭痛
・倦怠感

貧血による出産時の怖いトラブル

・体力の低下による微弱陣痛
・分娩時間が長引く
・吸引分娩や鉗子分娩
・帝王切開
・弛緩出血

*弛緩出血は、分娩後の子宮収縮が悪くておこる大出血です。体がショック状態を招いたり、血液が止まらなくなって輸血が必要な状況になったりします。

鉄分をしっかり摂って貧血を予防

貧血が酷くなると、医師から薬が処方されますが、貧血の薬は赤ちゃんに影響しませんが、薬に頼るのではなく食品等で貧血を予防するように心がけてみましょう。

鉄分の多い食品

・小松菜
・ほうれん草
・ひじき
・あさり
・イワシの丸干し
・赤みの肉、魚、レバー
・枝豆
・切り干し大根
・青のり
・干しブドウ
・プルーン

鉄分とビタミンCと一緒に取ることが大事

鉄分の吸収をよくするためには、食品の食べ合わせも重要になってきます。食べ合わせを工夫することで吸収力も上がります。
①肉類(ビタミンB6)と野菜を一緒に摂る
②ビタミンCも一緒に摂る
③果物と一緒に摂る(果実類には有機酸が含まれる)
④魚類海藻(ビタミンB12)、葉酸(緑黄色野菜)も摂る

貧血で起きるトラブルを防ぐためにも出産までに貧血の改善は妊婦産にとっては重要なことであることを知っておきましょう。

-妊娠

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5