心のケア/悩み

頑張るママのストレス解消法!

頑張るママ!ママがしているすべてを自分で褒めて!

妊娠して十月十日間、お腹にいる赤ちゃんと共に頑張り続けて、お産も赤ちゃんを気遣いながら一緒にさらに頑張って出産したママ。

赤ちゃんが生まれてママもパパも両親も大喜びで赤ちゃんを迎えてくれます。そんな時、ママにも優しく温かい心遣いをしてくれるパパであったり両親であった時、涙がこぼれ落ちてきます。

周りにママへの配慮が少なかったときは、ママ自身で「よく頑張ったね」とたくさんたくさん褒めてあげてください。ママの緊張した体もきっと癒されることと思います。

 

無事に出産を終えると、目まぐるしく来る赤ちゃんのお世話だったり、ママ自身の産後の体の変化に少し、頑張りすぎるママ、頑張り過ぎずにママのペースでストレスを溜めないように一歩一歩進んでいきましょう。

 

家事と育児の両立の難しさ

新生児の育児は、ほとんどが授乳で一日を費やす状況、産後のまだ子宮が整わない状況であっても昼夜の授乳はなかかなきつく感じることも多々あります。

産後、実家で一カ月前後いさせてもらえる場合であれば、赤ちゃんと一緒に睡眠がとれることからママの身体も安定してきて母乳のでもよく順調だといわれていますが、自宅に戻って家事と育児をし始めると体調が崩れるママが案外多いようです。

 

赤ちゃんはパパの協力を得ながらママの体調を崩さないように注意が必要となってきます。家事も完璧にこなすことは素晴らしいことですが、家事と育児をこなそうとしてストレスを感じママの体調を崩したりしてはもともこもありません。

家事と育児の両立が程よく出来るまで、ママのできる範囲とパパのやれる範囲を話し合って、家事の手を抜けるところはパパの休みにまとめてやるなどよく話し合って、協力を得ましょう。両親のお手伝いの協力をしてもらえると大変心強いもので、協力してもらえるようであればお願いしてみましょう。きっと快くお手伝いをしてくれることと思います。

 

頑張っているママのストレス解消法

家事と育児をしながら、自然に涙がこぼれることもあったりします。これがいやとかあれがいやとかではなく、ストレスに限界がくるのでしょうか、ただただ涙が止まらなく流れてくることもあります。

しばらくすると落ち着き、自然に涙が治まったりします。ストレスを抱えていることで交感神経ばかりが働いてしまいます。涙を流すことで自律神経のストレスや緊張をほぐしたりしてくれます。毎日が忙しいママにとって普段の生活のなかで副交感神経を高めていくことが最も大切になってきます。

coffee-1245891_640

副交感神経を高める方法

副交感神経は疲れた体や心のダメージを修復させる神経です。忙しいママにも普段の生活の中でストレスを和らげ元気な状態に戻しすために副交感神経を高めていくことが大切です。

副交感神経を高まると、筋肉が緩み血管が広がることで内臓機能も活発になり新陳代謝が高まり、老廃物や疲労物資などが排出されるようになります。

副交感神経を高めていく方法としては、睡眠時、リラックスしている時、ゆったり落ち着いた状態時に働くための方法を知っておきましょう。

1.日中、フル活動していた体に十分な睡眠をとる

2.お風呂に入ってゆったりと湯船に浸かって体を回復させる

3.好きな音楽を聴き流す

4.好きな食べ物・飲み物でくつろぐ

5.好きな香り(アロマオイル)でリラックス

6.軽い運動・ストレッチ・ジョギング

 

いつも頑張っているママ自身を褒めて!

大変な育児や家事を頑張っているママ自身をたくさんたくさん褒めてあげてください。褒めることで明日のエネルギーにも繋がっていくと思います。

赤ちゃんにもたくさんの愛情を注いであげられるようにもきっとなると思います。

*育児をよくやっているママ自身を褒めてあげてください。

*家事を上手にこなしているママ自身を褒めてあげてください。

*泣いている赤ちゃんの面倒を見ているママ自身を褒めてあげてください。

*眠たい眼をこすりながら授乳をしているママ自身を褒めてあげてください。

*働くママの頑張りにママ自身を褒めてあげてください。

*上手に程よい手抜きもできるママ自身を褒めてあげてください

-心のケア/悩み

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5