乳児

赤ちゃんの服のサイズ早見表:新生児~1歳の服選び

赤ちゃんに必要な服と枚数に困らない選び方

赤ちゃんの服選びはママやパパにとって大きな楽しみの一つです。赤ちゃん用品のそろったお店に行くと小さくてかわいらしいものがいっぱいあるとつい買いたくなる衝動にかられます。

よく耳にするのは、かわいくて必要以上に買ってしまってけれど、赤ちゃんに着せやすかったりオムツの時などに変えやすかったりする利便性の高い服を着せるようになっていたといわれます。

見るからにかわいい服を我が子に着せたいと思って買ったものが新生児には着せにくかったりして買っても着せることができない服もあったりするそうです。

いいものを無駄なく赤ちゃんの月齢にあった洋服選びが大変大事になってきます。新生児服選びにはいいものを安く手に入れて計画的に準備を進めていきます。

赤ちゃんの服選びは、月齢と赤ちゃんの成長に合わせて選んでいくことが望ましく思います。新生児の頃は、授乳した母乳やミルクを吐きやすく来ている服まで濡らしてしまう時もありますから、必要な枚数を購入しておますが、必要になったときにはネット注文をすれば早ければ翌々日には手元に着きますから必要に応じて追加購入しましょう。

新生児服の購入は、妊娠9ヶ月頃までには揃えておきましょう。

 

月齢・年齢にあったベビー服の選び

ベビー服選びは、赤ちゃんもママも脱着が速くできることが理想ですから、月齢や年齢にあったベビー服選びを心がけることは大切になってきます。

月齢・年齢にあったベビー服のサイズの早見表(目安)

サイズ 月齢年齢 身長 体重
50 0~2ヶ月 50㎝ 3~6㎏
60 3~5ヶ月 60㎝ 6~9㎏
70 6~11ヶ月 70㎝ 9~11㎏
80 1~1歳半 80㎝ 11~13㎏
90 1歳半~2歳 90㎝ 13㎏以上

 

月齢・年齢にあったベビー服の選び方

*新生児は、体をまだ動かすことも少なくオムツの変えやすいドレス式

*成長と共に体を動かし始めるため足を通すプレオール・コンビドレスが動きやすい

*着替える時やおむつ替えの時に少しでもスムーズに着せ替えができる服

*お座りができ始めると動きが活発になるたため頭からかぶるホックのない洋服は楽

*1歳2歳になると上下が別々の洋服の脱着が簡単

 

月齢にあったベビー服のデザインと特徴

 

生後0~2カ月の赤ちゃんの服のタイプ

新生児0~2カ月の赤ちゃんは、ほとんど寝ている状態で手足の動きも少ない為、オムツを頻繁に変えるこの時期の洋服はベビードレスがお勧めです。

夏は汗をかきやすい為、吸収性があり通気性の良いがガーゼタイプの肌着は安心でき、着替えも余分に用意しておくと安心です。

冬は室内が暖房が入っていて一定の温度が保たれているようであれば肌着はオーガニックのコットン素材で吸収性が良く通気性があるものが安心です。寒い部屋にはコンビ肌着も着せてあげます。

短肌着(4~5枚)
ベビードレス(2~4枚)(コンビドレス・プレオール)

短肌着(4~5枚)
長肌着(2~3枚)
ベビードレス(2~4枚)(コンビドレス・プレオール)

http://www.nissen.co.jp/ (ニッセン参考)

8100_22423b
0010_58103b
生後3~6カ月の赤ちゃんの服のタイプ

動きも活発になりはじめ、手足もよく動かすようになってきます、今まで来ていたベビードレスでは裾が開いてしまうためベビー服もプレオールなどの股下にホックの付いたベビー服に着せ変えていきます。

寝返りができるようになるとじっとしていられないので、頭からかぶるタイプの洋服やパジャマも着られるようになります。

20_5221235_ss-320x320

http://www.24028.jp/(西松屋参考)

 

生後7~1歳の赤ちゃんの服のタイプ

ハイハイが出来る頃になると、活発に動きはじめ服装も上下別々の服が着られるようになっていきます。

活動的になったこの時期は、オムツ替えも一苦労でプレオールなどのホックの付いたものよりすぐに着られるトレーナーやTシャツ、すぐに穿けるズボン使用が助かるようになってきます。

1_0455280_ss-320x320

3_2451539B_ss-640x640

http://www.24028.jp/(西松屋参考)

 

 

-乳児

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5