健康

妊娠初期の便秘の対策

妊娠による便秘の原因

妊娠をしたことで様々な変化が体や心に表れてきます。特に初期の頃には、便秘になったことがない人も便秘になったり、下痢気味になったり、つわりの症状が重い人では嘔吐が重なることからかなり苦しい状況になる妊婦さんもいます。

便秘が続くからと薬を飲むこともできないために、排便をよくする為の工夫が必要になってきます。妊娠するとなぜ便秘になりやすくなるかを知ってみましょう。

1.女性ホルモンの分泌

妊娠前には、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが受精卵を着床しやすくするために子宮内膜を整えています。妊娠すると胎盤を完成させるため卵単から分泌され、赤ちゃんの体が形成されるために必要なプロゲステロンが増加します。

赤ちゃんの成長の手助けをしている子宮内は、体に入ってきた栄養を逃がさない状況を整え維持するために摂取した栄養を蓄えておくようになります。

摂取した栄養を保持するために、腸のぜん動運動の働きを弱め腸の動きを鈍らせるために便秘が自然に起こるようになります。

 

2.子宮に圧迫された腸

妊娠すると赤ちゃんを守り成長させるために子宮が大きくなり、そのために胃や腸が圧迫されることで便通が悪くなり便秘になりやすい傾向になってきます。

 

3.妊娠による心身のストレス

妊娠したことから体に変化が起き体調がすぐれず、疲れやすくもなり肉体的ストレスが次第に精神的にも影響して過度なストレスを抱えるようになっていき自律神経も乱れることから腸の働きを鈍らせてしまい便秘になりやすくなってしまいます。

 

4.水分と繊維質の不足

妊娠初期に起きるつわりの時期は水分や食事が十分とれなく、子宮が大きくなることで胃と腸も圧迫されておこるのが便秘です。羊水を子宮内に貯めておくために体内の水分量の補給が必要になってきますが、そのため水分が不足すると便秘しやすくなりがちです。

繊維質が多い食品が不足したり、水分の摂取量が不足することで起こる便秘や硬便は、切れ痔(裂肛)になりやすくなります。

 

5.運動不足

副交感神経を活発にさせることで、胃腸の動きを正常に保ちます。副交感神経はウォーキングなどの適度な運動量で腸の運動を活発にしてくれます。運動量が減りやすい妊婦さんは便秘になりやすくなるため、必要量の運動は日常生活の中で必須となってきます。

 

便秘の改善・解消方法

 

12eef7169f546f6e3ed2abcb7caa3256_s

便秘は、比較的女性に多く、妊娠すれば益々便秘になりがちな傾向です。妊娠して便秘になる原因は、子宮が大きくなることから腸が圧迫されておこりやすくなったり、黄体ホルモンの影響からくる腸のぜん動運動による低下や水分の不足や食物繊維の不足などからきています。

妊娠したことで張りやすいお腹が、便秘になることでさらに張ってしまいつらい状態になってしまいます。老廃物が体内にとどまっていれば悪玉菌も増えてしまうため母体に影響を及ぼすことにもなりかねません。

 

便秘の対策

1.適度な運動をする

2.水分補給をする

3.食物繊維を摂る

1.適度な運動

運動は、体力をが付くことから適度な運動やウォーキングなどは、医師も推奨しているほどです。お腹が大きくなることで体力もいることや出産のときなどは赤ちゃんを生み出すには大変なエネルギーが要求されますから、ママの適度な運動は重要です。

運動をすることで新陳代謝もよくなり、体力もつくことで出産時に使うエネルギーの消耗にも余裕が持て、産後の赤ちゃんへの愛情も余裕をもって接してあげられます。

 

2.水分補給

水分補給の大切さは、妊娠することで母体に脂肪が増えてきて、必然的に基礎体温も上がってきます。体内に溜まっている老廃物を流してくれ新陳代謝を良くし疲れにくくもしてくれます。

水分を摂取することは尿量が増え膀胱内や尿道にいる細菌を洗い流してくれるなどさまざまな体の不調が予防されたりしてくれます。特に妊娠中のママと赤ちゃんの健やかな発育などの健康維持に十分な水分補給が必須化と思われます。

水分補給は、健康体の人にも大変重要なことで水分不足は便も硬くなることから、肛門が切れてしまいかねません。切れ痔になるとその箇所の部位が弱くなり硬い便をするたびに切れやすくなるとも言われますから、妊婦さんは便が硬くならないようにしましょう。

ママの子宮には赤ちゃんの成長とともに大量の血液が集中しますから、赤ちゃんがいる子宮がサラサラの血液を送るためにも水分はこまめに補給をしましょう。

 

3.食物繊維を摂る

妊娠すると、子宮にいる赤ちゃんが成長することで胃や腸が圧迫されて消化機能の働きが悪くなってきて便秘になりやすくなってきます。

運動や水分も重要ですが、食物繊維の必要性も大きく、食事をとるときには食物繊維の多い根菜野菜や海藻、豆類、きのこ類など赤ちゃんの体を作るために必要な栄養素も含め便秘を防ぐ食品を気遣いながら摂取していきましょう。

 

 

-健康

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5