妊娠

妊娠後期のおりものの変化で体調がわかる!

おりものでわかる体調の変化

%e5%87%ba%e7%94%a3%e3%80%80%e5%90%88%e5%9b%b3%e3%80%80%e3%81%8a%e3%82%8a%e3%82%82%e3%81%ae

妊娠後期に入るとママの体調も安定してきて、おなかの赤ちゃんも大きくなってきます。妊娠後期の妊娠28週頃からおりものも出産に備えて変化していきますが、特にママの精神的なストレスがあったり、体調に変化が起きてくるとおりものに変化がみられるほどです。

おりものの変化はママと赤ちゃんの健康状態の変化を教えてくれるバロメーターとして知っておくと不安ではなく強い味方になってくれます。

おりものの仕組み

おりものに対しての悩みは、なかなか人に相談しにくく少し敏感になりがちですが、おりものの変化がママと赤ちゃんの体の異常を知れせてくれれば、早めの対応ができ安心して出産に望めます。

健康状態が正常な人のおりものは、無色透明であったり、少し白っぽく粘り気が少々あります。臭いは多少酸っぱみが伴っています。

おりものは、子宮内膜、子宮頚管からの分泌物や古くなった細胞、また膣内の分泌物や古くなった細胞や汗腺からの分泌物などが混ざったものが排出されます。

おりものの役割

おりものの役割は、排卵期におりものの量が増え精子が卵子のところまでたどり易くするための働きをしてくれます。

さらに、膣内の雑菌の侵入や増殖などを防ぎ自然に膣内を奇麗に保つ働きをする自浄作用もしています。

妊娠中に細菌に感染すると子宮収縮を起こし早産の危険や破水を起こしやすくさせてしまうため、おりものには大切な役割があります。

妊娠後期のおりものの変化

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%80%80%e5%87%ba%e7%94%a3

1.おりものの量が増す

妊娠中の母体は、抵抗力が下がり雑菌や病原体に対し弱くなっていますが、おりものの量が増えることにより細菌が膣内に侵入しにくくなる状態を作ってくれます。

お産が近くなるとおりものの分泌量もさらに増えることによって、膣内への雑菌の侵入を妨ぎお産時に赤ちゃんが産道の通りがスムーズに出てきてくれる潤滑油の役割を果たしてくれます。

2.おりものの濃さ

おりものの分泌量や濃度は個人差があるために、粘りの強い場合もあれば、水っぽい場合もあります。
妊娠中に増えるエストロゲンの影響によるものです。

3.色の濃さが増す

おりものは一般的には、白っぽい色をしていますが妊娠後期になる頃は黄体ホルモンの分泌量が増すことから、クリーム色や黄色などの濃い色がでてくることもあります。

黄色のような濃い色は、感染症の色と似ていますから症状を確認しておくことも大切になってきます。

4.臭い

おりものの臭いはほとんど感じられません。粘りっ気がなく水っぽく、甘酸っぱい生臭いにおいがある症状であれば破水の可能性が高くなりますから病院への連絡をお勧めします。

5.おりものに血が混ざっていたり茶色い場合

おりものに血が混ざっていたり、茶色のおりものが出た時には出産の合図のおしるしのサインと可能性が高いと思われます。
このような症状も病院へ連絡をしましょう。

おりものでわかる異常の症状

 

膣内に細菌が増殖してしまった場合などは、早産の危険性が出てきたりします。妊娠後期は体の抵抗力が低下気味になりがちですから体を気遣ってあげることが大切です。
おりものに黄色い濃いめの色や臭い、かゆみがある症状などには感染症を疑ってみましょう。

感染症
・カンジダ膣炎
・トリコモナス膣炎
・細菌性膣炎

 

おりものが異常の症状として分かりやすいものもあれば、異常の症状が自分では判断しづらく難しい場合もあったりします。
少しでも気になるような時や違和感を感じる場合には健診の際に医師に相談してみましょう。

おりものの変化に気づくには、日頃のおりものの状況を知っておくことが大切になってきますので、普段からおりものをチェックすることがママのためにも赤ちゃんのためにもとても大切ですからおすすめします。

-妊娠

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5