妊娠

臨月になると“頻尿・尿漏れ”の悩み!?原因と対策

『妊婦あるある』みんの尿事情ってどうなの??

妊婦 尿漏れ

臨月に入ると胃のあたりまで来て圧迫していた子宮が下の方に下がり、握りこぶしほど胃の周辺があくようになります。胃の圧迫感がなくなると、自然と食欲が増すようになります。気をつけなくてはいけないことは食欲が増すことで体重も比例して増えていきます。

体重が増えることで、出産の時に赤ちゃんが大きくなりお産の時に苦労をするようなことにならないように体重管理も意識していかなくてはいけません。

おなかが下腹部に下がったことから、膀胱が圧迫されトイレの回数が増えてくるようになります。

 

頻尿になる原因

妊婦 悩み

臨月になると、子宮も大きくなり子宮の位置も下へ少しずつ下がっていくことで、膀胱を圧迫するようになって尿意をもよす頻度が増えてくるようになってきます。

膀胱が常に圧迫され尿をたくさんためないうちに尿意を感じるようになってトイレに行く回数が自然に増えていくようになってきます。

圧迫されている膀胱は、くしゃみをしたり、笑ったり、少し重い荷物を持った時など、おなかに力が入るとようなことがあると腹圧で尿が押し出されてしまうことがあります。

 

尿漏れが起こりやすい

妊娠中にやってしまった心配事

大きくなった子宮が膀胱を圧迫することで尿意をもよおすことが多くなりおトイレが近くなる傾向が多くなり、時には尿漏れを起こす事もあります。

この時期は、トイレを我慢しないようにこまめにいくようにし、特に外出の時などには、尿漏れパットや生理用ナプキンなどを使用するなど心配のないような対策を心がけましょう。

トイレの回数が必要以上に多い時には、尿路感染症や膀胱炎なども考えられますから、医師に相談してみましょう。

 

外出は大丈夫?

妊娠後期になると遠出の外出は控えた方がいいかと思われます。出先で、出産の兆候がみられたときはかかりつけの産院・病院での出産ができなくなるかもしれません。この時期の遠方の外出や外泊は控えましょう。

頻尿や尿漏れが気になり外出ができないとストレスにならないような対策は必要です。
出かける先は、トイレがあるかの確認やトイレの場所がどこにあるかなどの確認も事前に知っておくことも大事かと思われます。

 

血尿があった時

妊婦 特有 悩み

1.膀胱炎

尿の中に血が混ざっていたりすると驚きと不安が入り交ざったりします。血尿が出た時の考えられる原因は膀胱炎にかかっている場合です。

膀胱炎は、4人に1人がかかるとも言われています。妊娠中はホルモンバランスが乱れ、免疫力が低下することで尿道に炎症が起き感染して発症してしまうようです。

2.腎臓の腫れ

赤ちゃんの成長にともない子宮も大きくなることから、腎臓が圧迫され腎臓が腫れて血尿が出てしまう症状が起きたりします。

腎臓の腫れによる出血の場合は、出産が終わると腫れが治まり自然に治癒されています。

 

血尿の対処法

大変デリケートな場所でもあり、妊娠中は特に免疫力も低下気味ですから、下着に尿がついた時には、菌の繁殖を起こさないためにも尿漏れパットや生理用ナプキンは清潔を心がけましょう。

血尿があった時は、水分を多めに摂取していきましょう。
水分を多めにとるようにしていると自然に治癒されていくといわれています。

痛みがあった場合や出血した血が濃い時には医師に相談して指示や指導を受けていき、ママと赤ちゃんの体調を整えながら出産の日を待ちましょう。

-妊娠

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5