健康 妊娠

妊娠中に摂りたい食材“血液を作る鉄分とカルシウム”

妊娠中 食事

妊娠初期は、赤ちゃんが成長する鉄分やカルシウムは重要な栄養素です。
カルシウムは、骨や歯、血液や体液、神経などの組織に幅広く含まれ、筋肉を動かすためにも重要であり、尚且つ不可欠な栄養素なのです。
さらに、ホルモンや免疫の組織・分泌にも関わり、心臓の鼓動を一定に保つのための役割もあります。

 

必要な鉄分やカルシウムが多く使われることからママの血液中のカルシウムの濃度が一定に保たれなくなると、鉄分やカルシウム不足に陥り貧血を起こしたり、歯や骨がもろくなりやすくなってしまいます。

 

ママがカルシウム不足になっても、赤ちゃんに運ばれるカルシウムの量はママの骨に蓄えられたカルシウムを赤ちゃんに送られるようになるため、常時、鉄分とカルシウムの補給は必要となります。

 

ママ自身に最終的に影響するのは、閉経後に骨粗しょう症になりやすくなることです。鉄分やカルシウムを積極的に摂り入れた、栄養バランスのとれた食事を心がけていくことがママにも赤ちゃんにも大切になってきます。

特におすすめする食材は、貝類や豆類、ビタミンの多い野菜、ミネラルが豊富に含まれている海藻類などです。

 

カルシウムを積極的にとる

赤ちゃんがこれから大きくおなかの中で育っていくには、歯や骨を作るために必要なカルシウムは必須となります。そのために、赤ちゃんに十分な血液を送られるように循環量を増やしていかなくてはいけないのです。

 

カルシウムの吸収をよくするためにはビタミンDが関わってきますが、妊娠中には胎盤ビタミンDを活性化させて、カルシウムの吸収を高めてくれるホルモンが出ています。

 

妊娠中にカルシウムが減らないような仕組みになっていてもカルシウムの摂取が少なければ赤ちゃんにまかなえたとしても、お母さんに運ばれる分が少なくなってしまい、カルシウム不足が原因でイライラしたり不眠症等の症状が現れてしまいます。

妊娠中は、意識してカルシウムを摂取していきましょう。

カルシウムは体内で吸収を高めるためには、ビタミンDやタンパク質と一緒に摂取することです。
ビタミンDが多く含まれた食品

  • しらす干し
  • イワシの丸干し
  • 紅サケ
  • 乾燥きくらげ
  • かつお節

 

鉄分を積極的に摂る

妊娠すると多くの人がなりやすい貧血ですが、赤ちゃんが成長するためには血液が必須となってきます。

ママが鉄分を補給していかないと鉄欠乏症貧血になってしまいます。

体内で鉄の吸収をよくするためにはビタミンCを含んだ食品と一緒に摂ることをおすすめします。

 

積極的に摂りたい食品

妊娠中の食事

鉄分やカルシウムが豊富

  • しじみ
  • 干しひじき
  • ワカサギ
  • ハマグリの佃煮

鉄分やカルシウム、タンパク質が豊富

  • 高野豆腐
  • 納豆
  • 大豆
  • 油揚げ
  • 湯葉

鉄分やカルシウム、ビタミン類が豊富

  • 小松菜
  • ほうれん草
  • ゴマ
  • 大根の葉
  • カブの葉
  • 切り干し大根
  • パセリ

鉄分

  • 豚レバー
  • 牛ヒレ
  • ほうれん草

カルシウム

  • 桜えび
  • イワシ
  • ヨーグルト
  • 牛乳

鉄分の吸収を高めるビタミンC

  • ブロッコリー
  • 果物

-健康, 妊娠

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5