抜け毛対策 産後

産後の抜け毛に育毛剤がおすすめ!原因と対策は...?

産後の抜け毛は7割強の方が体験されていますが、中でも私のようにハゲてしまうのではと深刻な症状で抜け毛の悩みに育毛剤を考えている方は決して少なくありません。

 

産後3ヶ月頃からの抜け毛は、予想もしていなかったほどの抜け毛の多さに驚きと不安が同時に襲ってきたことは言うまでもありませんでした。

 

産後の抜け毛の原因と対策を知ることで不安やストレスが減っていきますから、産後の抜け毛の原因や対策を知ってみましょう。

産後の抜け毛で心が不安定に・・!

産後の髪の量が日ごとに少なくなっていき頭皮が薄っすら見えてきた時は、「この状態で本当に髪が生えてくるのかしら?」と不安が・・・。

 

髪は自然に生えてくるものと思っていた認識が覆されているのではないかと思わせるほど抜け毛の量が多いと心配から不安へと変わっていきます。

 

産後の抜け毛の原因や対策を知ることや産後のママの生活習慣や日頃使用しているシャンプーの見直しで抜けていく髪の不安が解消できるとおもうと気持ちが楽ですね。

 

産後の抜け毛の原因を知ることで必要以上の抜け毛で悩むこともなく、また抜け落ちても生えてくるための対策を知っていれば妊娠前の状態に戻っていくことを理解し実践できれば安心です。

心身が安定していることは、ママにも赤ちゃんの成長にとってもとてもいい環境となっていきます。

 

抜け毛の原因を知って不安を回避しましょう

産後の抜け毛の原因にはいくつかあげられますが、体の自然な生理的な原因を覗いて私なりの知っておいた方が良かったと思ったことがありました。

 

それは、規則正しい生活リズムを常に心がけていることは本当に大切であった事、またポジティブな思考や栄養面を考えた食事、頭皮の事を考えたシャンプーもとても大事でした。

抜け毛の原因

1. ホルモンの変化
2. 睡眠不足
3. ネガティブ思考
4. 栄養不足
5. シャンプー選び
6. 頭皮の栄養不足

 

産後の抜け毛の知って得する対策

産後の抜け毛の症状の度合いには個人差があるように思えたのは、知人と同じ頃出産をしたのですが髪の抜ける時期や量や髪の生え変わる状態も異なっていたことでした。

 

産後のホローをしてくれる身近な人がいる人やご主人が協力的な人など生活状況にストレスを少しでも回避できる状況にある人とすべての育児や家事をこなしている人、また頭皮の事を考えた食生活やシャンプー・育毛剤等を気遣っている人では抜け毛や生え変わる影響は大きいように思えた事でした。

 

1.ホルモンの変化

妊娠中に増加していた女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲン、特に抜け毛を防いでくれて毛を育ててくれる「エストロゲン」は、出産を終えると共に分泌量が元の量に戻ろうとするために急激に減る分泌量によって妊娠中に抜けなかった髪が急速に抜け落ちるようになってきます。

 

産後の抜け毛の時期は、2.3ヶ月頃から抜け毛始める方が多く人によっては産後1ヶ月頃から始まる方もいます。

髪の毛が成長して抜けるまでに髪の毛の1本1本に周期あります。
成長期⇒退行期⇒休止期(ヘアサイクル)

 

2.睡眠不足

産後は、慣れない授乳や赤ちゃんのお世話で睡眠時間も纏まってなかなかとれなく、睡眠不足になりがちです。

発毛に一番大切な睡眠が不足すると、発毛に必要な成長ホルモンの分泌も減ってしまいます。赤ちゃんが寝ている時には一緒に寝てまとまった睡眠をとることで成長ホルモンの分泌も高まり、心身共に本当に休まります。

3時間くらいの睡眠が一度にとれるととても体が楽でしたし、赤ちゃんのお世話も苦にならずスムーズにできていました。

 

3.ネガティブ思考

睡眠不足と慣れない授乳や赤ちゃんのお世話、家事の疲れなど重なってくると物事をネガティブに考えがちになってきてしまいます。

 

生後3ヶ月頃から赤ちゃんの生活リズムもだんだん整ってきますから、ママも規則正しい生活習慣を身につけていくことで「やれない」「できない」から「これがやれた」「これができた」とポジティブな考え方になって物事ができるようになります。

 

慣れない子育てはとても大変でしたが、ネガティブ思考からポジティブ思考への言動は心身が何故か軽やかになり動きも良好です。
ネガティブなことばかり言っている時は、何故か赤ちゃんはよく泣くし、自分自身もアンラッキーで疲れも倍増していました。

 

4.栄養不足

授乳をしているママの摂取した栄養は赤ちゃんの栄養に直結しています。三食しっかりと食べていることは赤ちゃんにもママにもとても大事なことです。

 

簡単な食事が続いたり、時間に追われて食事をとり忘れたりしていると栄養不足に陥って、ママ自身が大変疲れやすくなってきて、いろいろこなさなくてはいけない家事もだるくて出来なくなってきたり、母乳の出も悪くなったりと悪循環が続きます。

 

食べることの好きな私は、栄養バランスが悪くなると倦怠感が半端ではなく疲れやすく、眠くて眠くて授乳をしながら寝てしまっていました。髪の毛の抜ける量も多く毛髪再生に効果のある栄養素はとても大事なことを知りました。

 

髪の毛の原料とまで言われるタンパク質の摂取は大切で、特に大豆の「イソフラボン」は発毛の促進効果は大きく、積極的に摂取しましょう。

 

毛髪に必要なタンパク質やミネラル(鉄・亜鉛)は、発毛に必須の栄養素ですから毎日三食の中に積極的にとりましょう。

 

私が積極的に心がけた食材は、週3の納豆、毎日のお味噌汁で具は飽きないように貝類、小松菜、海藻などミネラルの亜鉛や鉄が豊富に入った食材、肉・魚・卵・緑黄色野菜・ビタミン類のナッツやフルーツもおすすめです。

 

多忙な毎日の栄養バランスを考えて葉酸の摂取も取り入れてみるのもいいですね。葉酸は人の身体が健康的に過ごすためには必要不可欠で厚生労働省も推進している栄養素の1つです!!

産後に抜けた後の前髪に生えた短い毛の扱い方

産後2~3ヶ月頃から抜け始める髪の量に驚く日々。 特に前頭部と頭頂部は髪が抜け落ちてスカスカ状態、ほんとに辛い! ヘアサイクルの生える時期が来る6ヶ月頃から1年くらいで新しい髪が生え始めてきてくれたの ...

 

5.シャンプー選び

シャンプー選びの大切さは髪が薄くなって感じた事でした。石油系のシャンプーは、産後の弱った髪や頭皮をさらに痛めてしまったように思いました。

 

天然由来のシャンプーは髪や頭皮に優しく発毛にも効果があることからアミノ酸系のオーガニックシャンプーや天然成分を配合したシャンプーは産後の抜け毛対策には欠かせません。

 

6.頭皮の栄養不足

産後の抜け毛にはいろいろな対策がありますが、育毛にとっても食品の栄養面や洗髪のシャンプー選び、日々の生活にストレスを溜めないことの大切さも考えたうえで、無添加ナノ育毛剤ならベルタ育毛剤で頭皮に直接栄養を与えることも大切です。

産後の抜け毛に悩んでいる人には髪や頭皮に直接つける物以外に葉酸を積極的に摂る事もいいですね。

産後に抜けた後の前髪に生えた短い毛の扱い方

産後2~3ヶ月頃から抜け始める髪の量に驚く日々。 特に前頭部と頭頂部は髪が抜け落ちてスカスカ状態、ほんとに辛い! ヘアサイクルの生える時期が来る6ヶ月頃から1年くらいで新しい髪が生え始めてきてくれたの ...

-抜け毛対策, 産後

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5