妊娠

産院・病院の分娩施設の選び方

産院選び

産院・産婦人科を選ぶときの始まりは、赤ちゃんが授かったとわかった時に初めての
診察をしてもらうところからスタートをきる人が多いのではないでしょうか。

産院選びは、妊婦の毎月の健診から出産、産後と長期にわたって関わっていきます。
自身に合った産院選びをできることが理想的です。産院を選ぶにもポイントを絞っ
たうえで、自信が望んでいる条件に見合ったところを選んでいきましょう。

 

産婦人科の種類

ママがどのような場所の出産施設を選ぶかによって選択する範囲も狭まれてきますし、
ママが体に何らかの持病を持っていたり、高齢出産などのリスクを持っているたり、
里帰りをしての出産であったり、自然分娩を希望しているようであれば、ある程度の
ことを加味しながら選択していきます。

 

1.大学病院・総合病院

病院は、医療の設備や他の科との施設も整っていることから、異常事態の時には連携のとれた利点があると思われます。

ハイリスクをもって臨む出産の場合の妊婦さん、例えば、高齢による出産、体のどこかに疾患を持っていて合併症状が気になる人などは、しっかりした医療施設が向いているかと思われます。
ただし気になる点は、曜日によっては担当医が変わっていたり、出産時に希望している医師に立ち会ってもらえなかったり、待ち時間が長かったりなども考慮した施設選びも考えておきましょう。

 

大学病院は、教育機関でもあり、診察や分娩等に学生や研修生が立ち会うケースがあることは知っておきましょう。

 

2.産科専門病院

ベット数が20床以上設備が整っていて産科・婦人科のみの限定された専門病院です。
設備が充実していて、医師や看護師などスタッフとのコミュニケーションがとりやすい特徴があります。

小児科を併設している専門病院があり、出産後も定期検診や予防接種など日常に関する治療や相談などをうけることもできます。

 

3.個人産科医院

個人産科医院は、ベット数が19床以下で入院施設をもった産婦人科の専門医院です。
同じ医師から初診から出産、親子の産後の一ヵ月検診まで見てもらえきめ細かな指導も受けられます。赤ちゃんの定期健診も受け続けられます。

ただ、緊急事態の帝王切開など対処できない場合、医師の数を要し設備の整った病院へ転院することもあります。緊急時の対応の確認はしておきましょう。

 

4.助産院

助産院は助産師が開設している施設で、ベット数が9床以下で開業している産院です。
妊娠経過やおなかの赤ちゃんに問題がなかった場合には助産師のフォローのもと、家庭的な雰囲気の中での自然分娩を希望する人に受け入れられています。

医療行為は一切できないため、緊急事態が起こったときは近くの提携している病院で見てもらうことになっています。提携先の病院の確認もしっかりしておきましょう。

 

分娩方法の選択

分娩の種類

どんな分娩をしたいかによってそれぞれの出産のスタイルが決まってきます。
自然分娩以外にも分娩には種類があります。

1.自然分娩

陣痛がくるのを待って、お産の自然な流れに乗って、経腟分娩である産道から生まれてくる赤ちゃんを受け取ってもらう一般的な方法です。

  • ラマーズ法
    呼吸を整えリラックスして出産方法
  • ソフロロジー法
    イメージトレーニングで心身の緊張を和らげる出産方法

 

2.計画分娩

出産予定日の前後に分娩日を前もって決めておき、陣痛を計画的に誘発して出産をする方法です。

計画分娩の理由

  1. 母子のための医学的な理由
  2. 上の子の預け先の問題理由
  3. 仕事上の都合

 

3.無痛分娩

麻酔や梁などの力を借りて、痛みを取り除いての出産方法です。

無痛分娩は、高度な医療設備を必要としますから、合併症など過度の負担がかかると危険な場合や痛みへの恐怖が大きい人に対して有効です。

 

無痛分娩は、出産の痛みがないので愛情がわかないのでは?という不安を感じる人も多いそうです。しっかり産院の先生と話し合うといいと思います。

 

4.立ち会い分娩

パパや家族の出産時にサポートして立ち会う分娩です。
産院によっては、立ち合いができないところもありますから、産院の方針を確認の上パパや家族と話し合いましょう。

 

産院の部屋のタイプは母子同室・母子別室・家族宿泊

産院選び

医院の部屋の種類

  • LDRルーム
    陣痛・分娩・産後の回復まで全て同じ部屋で行える。費用は高めです。
  • 母子同室
    赤ちゃんが生まれて一通りの検査が終わってから、ママの病室で一緒に過ごす。
  • 母子別室
    授乳時間のみママと過ごし、それ以外は新生児室で大半過ごします。産後のママの体をゆっくり休めるためにあります。
  • 家族宿泊
    陣痛待機室から退院時まで家族(夫・子)のみの宿泊施設
    【分娩費+保育費+食費(家族)】

医院によって、違いがあるので事前に調べておくなどしておくといいです。

 

 

-妊娠

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5