出産 妊娠

お産の始まる合図

投稿日:

お産の兆候  

出産の始まる合図とは?

出産の前には兆候が見られます。 赤ちゃんとママの出産の準備が整うと『お産が始まりますよ』という合図が現れます。 一般的な合図の流れは、「おしるし」⇒「陣痛」⇒「破水」のパターンできますが、人それぞれで異なって始まることもあります。

おしるしとは...?

おしるしとは、粘液状のおりものに血液が混ざったもので、色はピンクや赤ですが時間がたっていると褐色になっているとこともあります。 おしるしの量も個人差があり、下着やペーパーにほんの少量色づく程度の人もいれば、生理の時と同じくらいの量の人もいます。 お産が間近に迫ってきたことで軽い子宮の収縮が起こり、赤ちゃんを包んでいる卵膜と子宮壁がこすれて起こる少量の出血です。 おしるしは、すべての妊婦にあるとは限りません。おしるしがあると、一両日中に陣痛が始まることが多いのですが、中には4~5日もたってから陣痛が始まることもありますから、おしるしがあったからとあわてることなく様子を見ていましょう。   お産が近づいての内診の刺激によっておこる出血があったり、前置胎盤や上位胎盤早期剥離等による出血もありますから、出血が増えてきたりおなかに痛みが伴うようなときには、病院へ連絡して指示に従っていきましょう。

陣痛

陣痛は、赤ちゃんを押し出すために規則的に起こる子宮の収縮です。陣痛が不規則に来る収縮から規則的に来る陣痛がきるようになり時間もだんだん短くなってきます。 初産の方は陣痛の間隔が10分程度、経産婦の方は15分を目安で病院へ連絡を入れます。 ただし、病院までの距離も考慮して病院へ連絡をしましょう。 また、お腹の痛みが急激にひどくなったり、おなかが板のように固くなるような感じがするようであれば陣痛の間隔を気にすることなく病院へ連絡を入れましょう。

破水

破水は、赤ちゃんを包んでいた卵膜が破れて、中の羊水が流れ出てくることです。破水には、痛みも出血もなく生温かい透明な液体が流れ、量が少ないと尿漏れしたような感覚で区別がつきにくい場合があります。 羊水の色や臭いには個人差があって、臭いのないや透明な色の場合、また生臭い臭いや色がついた場合や出血が伴った場合など様々です。 出てくる羊水の量には個人差があります

  • チョロチョロと漏れる量の人
  • ブチッと音がして大量に出てくる人
  • 出血を伴う人

...など様々です。 流れ出てくる羊水は、赤ちゃんが産道を滑りやすくするための効果であり、子宮口が全開大で陣痛がピークな状態のころにおきてくることが一般的です。 陣痛が始まる前に破水が起こることもあります。破水後は、激しく動き回らず入浴しないで病院へ連絡をしてから駆けつけましょう。

破水してから24時間以内に陣痛が始まりますが、陣痛がおきない場合は陣痛促進剤を使われることもありますから、尿漏れなのか破水なのかの区別がつかない場合には病院へ連絡しましょう。

 

-出産, 妊娠

Copyright© WebyMamaママ&キッズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.