乳児

赤ちゃんのお祝いの行事 : お七夜、お宮参り、節句、満1歳

赤ちゃんの成長の節目としてお祝いの行事がありますが、健やかに成長しているお祝いの伝統的な行事として行われいます。

お祝いの行事には、生まれて七日目にお祝いするお七夜、お宮参りなど満1歳を迎えるまでにいくつかのお祝い行事があります。

赤ちゃんの健やかな成長を祈って行事は、未来の、パパやママ、成長した子にとっていい思い出に未来残るものかと思います。

赤ちゃんが、たくさんの人から愛されてきたことを残してあげることは、未来成長していく過程でとても大切な役割を担っているとも言われます。

 

赤ちゃんのお祝い行事は妊娠5ヶ月の腹帯に始まる

ママと赤ちゃんをやさしく守るフリー妊婦帯

妊娠5ヶ月には、「帯祝い」という安産祈願を願ってのお祝いがあります。
妊娠5ヶ月目に入っての戌の日に赤ちゃんの健やかな成長と無事に安産で生まれてくるように祈願した行事です。

犬に日に因んでする理由には、犬の出産はお産が軽く多産である由縁といわれ、軽く生まれてほしいとの願いが込められています。

腹帯については、いろいろな意味があり、おなかを冷やさないためであったり、、衝撃から守られたり、胎児が安定された位置で成長する手助けをしたり、産後のおなかの皮膚のたるみ予防といわれています。

その逆に、季節によっては腹帯を付けることで、おなかの肌にトラブルがおきる人もいます。

帯祝いの際の帯を用意するのは、妊婦の実家や仲人から紅白の布の帯と白木綿一反を贈られる帯が正式といわれますが、現在では、両家の話し合いであったり、妊婦自ら気に入ったものを用意することも多くなってきているようです。

5ヶ月目の戌の日に安産祈願で有名な神社、若しくは、近くの安産祈願してくれる神社でしてもらいます。

ご祈祷などをしてもらう場合には事前に予約を取っておかれるといいと思います。予約の際には、初穂料など詳しい詳細も確認しましょう。

 

お七夜

命名書プーさん【手書き・筆文字・毛筆】【出産祝い】

赤ちゃんが誕生した日から数えて7日目にお祝いする行事がお七夜です。
お七夜の由来については詳しくは分かっていませんが、現代のように医学が発展していなかったことから、赤ちゃんの生存率が低かった時代では生後1週間を無事に過ごせたこと大変ありがたくおめでたい事として、生後7日目の夜にお祝いが行われていたようです。

お七夜は「命名式」とも言われていて、赤ちゃんの名前のお披露目式でもありました。

昔は、一族の長が命名し、家族や一族招いて盛大に祝ったといわれますが、現在では、パパママ双方の両親を招いてお祝い、若しくは、夫婦だけで行うようにもなってきています。

正式な命名書の書き方は、奉書紙を左右三つ折りにして順番に書き込みます

  • 一番右
    命名
  • 真ん中
    父親の名前と続柄
    赤ちゃんの名前
    赤ちゃんの生まれた日
  • 一番左
    父親の名前(母親の名前の記入もあり)
    命名した日

神棚や床の間に飾られていましたが、現在は目立つ壁やベビーベットなどに貼られています。祝い膳は、ママの退院後間もないことから片付けのことも考慮したものを用意します。

 

お宮参り

初宮参りは、赤ちゃんの無事に1ヶ月目を迎えたことを産土神(生まれた土地に守り神)に感謝し報告して、健やかな成長を祝う行事です。

正式なお宮参りの時期は、男の子は生後31日目、女の子はは生後32日目とされています。赤ちゃんと両親と両家の祖父母の方々とで神社にお参りします。

時期は、赤ちゃんやママの体調やパパの仕事の都合などを考えたり、季節に関しては、暑さや寒さが厳しい時には避けて時期をずらすことも考えていきましょう。
神社に祝詞(のりと)をあげてもらうときには、事前に連絡をして予約を取っておきます。

お宮参りの赤ちゃんの服装は、正式には、ママの実家から贈られた祝着をきていきます。男の子は「のし目模様」、女の子は「友禅模様」といわれています。

赤ちゃんが正式な祝着の時は、両親や祖父母の服装もしきたりに則っていくようであれば、留袖などの正装になりますが、略儀ですませるのであれば色無地(着物)や訪問着などの礼装となります。

現在は、あまり固苦しく考えないで、実用的なベビードレスなど今後も使用できるものを選ぶパパママも増えてきているようです。

 

お食い初め

赤ちゃんのお食い初めは、生後100日に行われます。(地方によっては異なる)赤ちゃんにお箸を持たせ、お祝い膳に付かせ「一生食べ物に困らない」という静粛な願いを込めて、赤ちゃんに食べさせるまねをさせます。

お祝いのお献立は、お赤飯、お吸い物、焼き魚、煮物、香の物などの一汁三菜を用意します。赤ちゃんは食べるわけではありません。

地域によっては、赤ちゃんの歯が丈夫になるようにとお祝い膳に小石をいくつか並べる風習もあるようです。

 

初節句

生まれて初めてのお節句は、女の子はおひなさま。男の子はこいのぼりを飾ってお祝いをします。赤ちゃんの健やかな成長と魔除けを願う行事です。
初節句の時には母方の親が贈る地方が多いようですが、地方によっては、異なようですから、前もって相談をしていきましょう。
【男の子】

 

5月5日の端午の節句に鯉のぼりをあげたり、室内には、鎧兜、武者人形を飾りちまきや柏餅を供えます。お風呂にはショウブを浮かべて菖蒲湯に入ります。藤翁作 宝玉兜

 

【女の子】

3月3日の桃の節句におひなさま、桃の花を飾り、白酒、菱餅、雛あられを供えます。
お祝いの膳は、ちらしずしや蛤のお吸い物を用意します。

雛人形久月 ひな人形 よろこび雛人形

-乳児

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5