乳児

生後9ヶ月の赤ちゃんの成長

生後9ヵ月

生後9ヶ月の赤ちゃんの成長

生後9ヶ月になると、行動範囲も興味の対象もますます広がっていくようになります。赤ちゃんの行動範囲が広がることで部屋の安全性の確認が必要になってきます。
台所は意外と危険なものが多い場所です、お風呂場なども洗剤や高さの低い浴槽もありますから赤ちゃんが口にしたり触ってはいけないような物のあるところは入れないように戸をしっかり締めておくか、ベビーゲートなどで安全対策をしておきましょう。

離乳食も順調に進んでいるようであれば、一日3食になっていることでしょう。途中食べることに興味を示さなくなる赤ちゃんもいたりしますが、赤ちゃんの好むものを見つけて嬉しそうに食べてくれるとママも作る喜びが増してきます。

 

「マンマ」「ブーブー」「マーマ」などの喃語を使って表現をしてくるようになり、お話をする準備が始まってきます。ママやパパが赤ちゃんの名前を呼ぶと振り向いたりするようにもなってきます。

 

赤ちゃんの発育と発達

身長・体重の発育状態

  • 男の子
    身長 約67.5~76.5㎝
    体重 約7.1~10.3㎏
  • 女の子
    身長 約65.5~74.5㎝
    体重 約6.6~9.6㎏
  • 「ハイハイ」のスピードが増す
  • つかまり立ちができるようになる
  • コミュニケーションがとれるようになってきた
  • 音楽に合わせて体を動かすようになる
  • 絵本の中の絵に興味を示す
  • 離乳食も量が増えてきて授乳量も少しずつ減ってきます

 

赤ちゃんの成長の様子

生後9ヶ月

発育・成長の差がでてくる

生後9ヶ月頃になると、発育や成長に差が少しずつ大きく表れてきます。「ハイハイ」をして伝い歩きをする赤ちゃんもいれば、パパやママが「ずりばい」や「ハイハイ」をさせようと積極的になっていてもその行為に反応しない赤ちゃんもいます。
自分の動く手をしきりに「ジィー」と見ていたり、外の風でなびく葉や枝を見ていたり、洗濯物が風になびいているのが面白く声に出して笑っていたりと、赤ちゃんの興味のある物はさまざまです。

ひとたび興味を示し始めると知らない間に、寝返りができていたり、「ずりばい」ができていたり、「おすわり」ができていたりと驚かされることもあります。

赤ちゃんは個々の個性、特徴を持って成長をしていきます、赤ちゃんの発育に問題がないと健診の際に医師から言われているのであればわが子をしっかり見ていてあげましょう。

 

つかまり立ち、伝い歩きを始めたら注意事項!

「ハイハイ」ができるようになりスピードも増してくると、足腰もしっかりしてきて、つかまり立ちや伝い歩きをし始めようと試みるようになってきます。今まで手が届かなった所が届くことで、ますます興味が湧き出してくる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんの視線に合わせて、危ない物は、上にあげるかどこか届かない場所へ片付けて置くようにしましょう。

力もついてきます、引出をあげて中のものを出して遊ぶようにもなってきます。引出も開けた時に、怪我をしてはいけませんので引出が開かない若しくは開いても危険のないようにしておきます。引き出しの中身も赤ちゃんが出しても大丈夫なものを入れておきましょう。

つかまり立ちや伝い歩きが始まった頃は、まだバランスが悪い状態ですから赤ちゃんのそばいてあげましょう。

 

言葉の理解

日常に使っている簡単な言葉が理解でき始めてきて、「バイバイ」をすると真似て手を振るようにもなったり、上手上手といて手を合わせて「パチパチ」するといっしょに物まねをするように知恵がつきはじめてきます。

また、「マンマ」「マーマ」「ブーブ」「バー」と片言が言っているようにも聞こえるようになってきます。

 

ママの心と体のチェック

「ずりばい」や「ハイハイ」、「つかまり立ち」と動き回ってますます目が離せなくなってきます。離乳食も一日3回となりママも疲労ぎみではないでしょうか。

精神的、肉体的に疲労がたまってきている時は、両親やパパに手助けを借りたり、家事も完ぺきにこなさなくても、離乳食もベビーフード等を利用して疲労を少しでも軽減しておきましょう。

 

-乳児

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5