乳児

生後7ヶ月の赤ちゃんの成長

生後7ヵ月

生後7ヶ月の赤ちゃんの成長

生後7ヶ月になると、人見知りが始まり見慣れない人や知らない人に会って声を掛けられた
りすると、不安や怖さを抱いて抱かれているママにしがみつくような行動を取ったり、声
をかけただけで泣き出す赤ちゃんもいます。

背中の筋肉もつき始めることから、お座りも支えがなくても一人で座っていられるようにな
ってきます。座ったままの状態でお気に入れのおもちゃで遊べれるようにもなります。

足や腕などの筋肉もつき始め「ずりばい」も上手にできるようになってきて、少しずつ自分
のいきたいところへ行けるようになってきます。

 

赤ちゃんの発育と発達

身長・体重の発育状態

  • 男の子 ♂
    身長… 約65.0~73.5㎝、
    体重… 約7.0~10.0㎏
  • 女の子 ♀
    身長… 約63.0~72.0㎝、
    体重… 約6.3~9.3㎏
  • 人見知りがはじまる
  • 「ずりばい」をし始める
  • 一人で座っていられるようになる
  • 下の歯が2本生え始める
  • 夜泣きが続く
  • 離乳食が始まり授乳量が減る
  • 「いないいないばぁ」をすると声を出して笑う
  • うんちの色や硬さが変わる

赤ちゃんの成長の様子

人見知りが始まる

人見知りは、赤ちゃんの心の成長のあらわれとも言われます。育った環境によっては人見知
りをしない赤ちゃんのいます。たくさんの人と接することが多かったり、家族の多い家の赤
ちゃんにみられます。

赤ちゃんにも性格や個性がありますから、よその赤ちゃんや育児書に左右されずに広い心で
温かく見守っていてあげましょう。

「ずりばい」ができるようになる

寝返りができるようになると、ハイハイの前の「ずりばい」が始まります。背骨の筋肉もし
っかりつき始め、腕や足、足の親指にも筋肉がつくことで前進したり、後ろに下がったりが
できるようになります。

「ずりばい」が始まると、部屋中をはっていくようになります。タバコやアイロンなど赤ち
ゃんが口に入れたり触って危険なものがないように赤ちゃんの届かない危険のない場所に置
きましょう。

また、赤ちゃんが口に入れると危険な小さな小物などは、床や畳など赤ちゃんが這うところ
は片付けておきましょう。

一人でお座りをしていられる

生後7ヶ月になると、お座りも一人でできるようになってきます。一人座りも最初は両手で
支えていますが、だんだん両手がなくても一人座りができるようになり、身近にあるおも
ちゃで遊ぶようにもなります。

乳歯が2本下から生え始める

生後7カ月頃になると、下の歯が生え始める準備がくると、歯ぐきがむず痒くなりおもちゃなどを噛んだり、よだれが多く出るようになります。

授乳の時などは、歯ぐきがむず痒くなってママの乳首を噛んだりします。赤ちゃんが乳首を噛んだ時は、強引にとると乳首が切れることになってしまいますから、授乳中に乳首を噛んだ時は、赤ちゃんの「鼻をつまむ」で授乳を一旦止めるようにしましょう。

赤ちゃんは本能のままします、授乳中に何度も噛むような行動をしますが、その度、鼻をつまんで乳首から離しましょう。

歯固めを用意して、歯ぐきのむず痒さを少しでも解消させてあげましょう。

ママの心と体のチェック

生後7ヶ月頃になると、赤ちゃんは知恵の発達や運動の発達が目覚ましく成長を感じる時期
になってきています。

ママも家事と育児で疲れも出てきているころ、赤ちゃんの夜泣きがある時は、時々パパの協
力を得ましょう。

「いないないばぁ」などの遊びが大好きな時期になり、ママの顔があらわれると「キャッキ
ャッ」と声を出して笑ったりします。

疲れていてもその笑い声や笑顔に癒されることと思います。

-乳児

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5