乳児

生後6ヶ月の赤ちゃんの成長

生後6ヵ月

生後6ヶ月の赤ちゃんの成長

生後6ヶ月になると、離乳食が始まっていく赤ちゃんがほとんどです。生後5ヶ月の時に様子
を見ていた赤ちゃんや離乳食を嫌がっていた赤ちゃんもこの頃から始めるようになっていき
ます。

お昼寝も朝と午後の2回の赤ちゃんと、午後1回だけの赤ちゃんがいます。夜もまとめて寝て
くれるようになってきます。赤ちゃんによっては、夜中に理由なく夜泣きが続く赤ちゃんも
あります。この頃の夜泣きも理由は分かっていませんが、生活リズムを変えることなく規則
正しくしていましょう。

人や周囲にあるものや音などへの好奇心、探求心が増し始めてきます。外へ散歩していて
風邪で枝が揺れていると「ジィー」と見つめていたりします。

早い赤ちゃんでは、下の歯が生えてくるようになり、よだれがますます増えてきます。

 

赤ちゃんの発育と発達

身長・体重の発育状態

  • 男の子 ♂
    身長… 約63.5~72.0㎝、
    体重… 約s6.4~9.5㎏
  • 女の子 ♀
    身長… 約61.5~70.0㎝、
    体重… 約6.0~9.0㎏
  • 寝返りして腕で体を支えられる
  • 離乳食を始めます
  • 夜まとめて寝てくれる
  • お昼寝も午前と午後の2回する
  • 好奇心が旺盛で興味のあるものに手を出す
  • おんぶも楽にできるようになります
  • 夜泣きが続きます

赤ちゃんの成長の様子

離乳食

生後6ヶ月頃になると、母乳のみで育てている赤ちゃんには鉄分が不足気味になるため、離乳食を始めていくことは必要にもなってきます。

ママやパパが食事など食べ物を口に運ぼうとしている時に、赤ちゃんが「ジィー」と見つめていたり、パパやママが食べているものに手を出そうとしたり、ママやパパの口に手を入れようとした時などは、食べるものに興味を示していると考えられます。

離乳食を始めてもいいと判断して、最初はお粥やパンのペース状にしたものを小さじ1杯ぐらいを食べさせてあげましょう。

食べる時は、起こした状態にしてあげることで赤ちゃんが離乳食が飲み込みやすくなります。
離乳食が赤ちゃんの口に合って欲しがったとしても、小さじ1杯若しくは少し減らした2杯目を食べさせてあげることを1週間続けていきましょう。

生後5ヶ月から始めている赤ちゃんは、午前中と午後の一日2回の離乳食へとすすめられようになります。2回目の午後は、できれば夕方ごろに時間をおすすめします。

 

寝返りができるとずりばい

生後6ヶ月には、寝返りができるようになると赤ちゃんの体に筋肉がつき始め長い時間うつ伏せでいられるようになります。うつ伏せで寝るようにもなる赤ちゃんもいますが、寝る時には仰向けにして寝かせてあげましょう。

寝返りができると筋肉もつき始め、ずりばいができる赤ちゃんもいますが、ずりばいは、生後7~8ヶ月頃が一般的ですが、成長の速い赤ちゃんは4ヶ月~5ヶ月、ゆっくりな赤ちゃんは9ヶ月頃と個人差があらわれてきます。赤ちゃんの成長を信じて見守っていましょう。

 

赤ちゃんへの注意!が必要なこと
  1. 離乳食を始める前に、アレルギーが心配なママは、医師に相談をしてから進めましょう。
    ママが卵を食べて、授乳をした後に、赤ちゃんに何かしらの反応が見られる場合があります。
  2. 離乳食を欲しがっても一度に多くの量は食べさせないこと赤ちゃんの消化器官は、完全に整っているわけではなく母乳やミルクを飲んでいた状態ペースト状にした離乳食であっても赤ちゃんの消化器はまだ、デリケートですから少量ずつを段階を踏んでいきましょう。
  3. 寝返りも仰向けに戻ることも、早い子は「ずりばい」をする赤ちゃんもいます。ソファーに寝かさないことやベットの柵の位置や留金がされているかなどの確認をしてから赤ちゃんのそばから離れましょう。
  4. 床や畳などに泣かして置くときは、近くにアイロンやタバコや赤ちゃんが口にしては危険な小さな物などは決しておかないないこと、落ちていれば片づけておきましょう。

 

ママの心と体のチェック

赤ちゃんの動きが活発になってきました、寝返りができるようになると早い赤ちゃんでは「ずりばい」や「ひじばい」をし始める赤ちゃんが出てきます。

赤ちゃんの成長によっては目が離せないようになってきます。家事も赤ちゃんの昼寝の合間にしていきましょう。夜泣きをする赤ちゃんの場合は、赤ちゃんと一緒に仮眠をして体を休めましょう。

-乳児

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5