乳児

生後1ヵ月の赤ちゃんの成長

生後1ヵ月

生後1ヵ月の赤ちゃん

飲んでは寝るの繰り返しから、生後1ヵ月頃になると赤ちゃんも起きている時間が徐々に長く
なってきます。授乳も少しずつ上手にできるようになり赤ちゃんの生活リズムが少しずつ作
られ始めます。
表情も豊かになり、体も赤ちゃんらしいふっくらとした丸みが帯びてきます。

 

赤ちゃんの発育と発達

身長・体重の発育状態
  • 男の子…身長51~60㎝、体重3.6~6.0㎏くらい
  • 女の子…身長50~58㎝、体重3.4~5.5㎏くらい

生後1ヵ月の赤ちゃんの身長も出産直後の身長から比べて5㎝以上伸びてきます。母乳やミルク
をしっかり飲んでいて平均の伸び幅に届いていなくても、便や尿で健康状態が良ければ心配す
ることはありません。あくまでも平均的な数字です、赤ちゃん一人ひとりに個人差があります
から心配であれば、1ヵ月検診の時に医師に相談されてもいいかもしれません。

生後1ヵ月の赤ちゃんにみられる体重は、出生時の頃の体重より1ヵ月で約1㎏前後増えてく
ることが多くみうけられますが、身長と同じように個人差がありますから赤ちゃんが元気に過
ごしているようであればこだわる必要はないと思われます。

 

おっぱいが上手に飲めるようになる

おっぱいやミルクの飲み方も生まれたばかりの頃に比べると口の周りの筋肉が発達して上あごと舌で乳首を挟んで吸う力も強くなり上手に、飲めるようになってきます。多少の個人差はありますが、授乳の回数も3~4時間おきの一日7~8回くらいのペースになってきます。

授乳の量の目安
体重が5㎏くらいの赤ちゃん・・・およそ1日840mlくらい

育児書通りに授乳や成長をしていく子もあれば、そうでない子もいますから、あまり神経質にならず、また周囲と比較しすぎないようにわが子の飲む授乳の適量を判断してあげましょう。

母乳の授乳量は、ミルクと違い赤ちゃんがどのくらい飲んでいるか分かりずらいと思いますが赤ちゃんが欲しがるようであれば飲ませてあげましょう。

赤ちゃんのおなかが満たされていてもおっぱいを離さないでいつまでも飲み続けている時は、一度授乳を終えて様子を見ましょう。

 

便秘の変化

母乳の赤ちゃんはうんちも水分の多いゆるい便から粘りのある便になってきます。便の色も黄色や緑がかった便をします。ミルクの赤ちゃんは母乳の赤ちゃんに比べて固めの便をします。

うんちの回数も減ってきますし、毎日うんちが出ない日もあります。おなかがはっているよであればおなかをマッサージしたり、ベビーオイルやオリーブオイルなどを綿棒につけてお尻を刺激してみましょう。

飲みむようであれば白湯(さゆ)などを飲ませてあげることもいいかもしてません。

赤ちゃんには便秘薬はつかえません、困ったときは小児科医に相談しましょう。

 

生後1ヵ月赤ちゃんの睡眠

新生児の頃よりも、睡眠時間がまとまってとれるようになってきたり、夜の授乳の回数も少な
くなってくる赤ちゃんもいます。

昼夜逆転して昼間よく寝て夜中に目が開いている赤ちゃんもいます、ママの睡眠不足に陥らな
いように日中赤ちゃんと一緒に休みましょう。

 

黄昏泣き(たそがれなき)

赤ちゃん 泣く

生後1ヵ月頃から、夕方の薄暗くなりかかりの時間に激しく泣き出して何をやっても泣き止まなくなります。生後1ヵ月から4カ月頃まで続き、医学的にはっきりした原因は分かっていないようです。

黄昏泣きが始まった赤ちゃんは抱っこして外に散歩をしたりすると案外泣いていても泣き止むケースが多いようです。外の空気には鎮静作用があるようです。

ママも心身ともも疲れていると思います。気分転換に赤ちゃんと少し外の空気を吸うといいといいと思います。

 

ママの心と体のチェック

赤ちゃんの一ヵ月検診の同じ日に、ママの産後健診で子宮の回復や悪露に状態、会陰切開の縫合跡などの経過が順調であれば、妊娠前の生活に戻ることができる許可を頂いたのであれば、湯船につかることもでき日常の生活習慣に戻ることとなります。

  • 子宮の状態チェック
  • 悪露の状態チェック
  • 会陰切開の縫合の経過チェック
  • 好調なら湯船OK

赤ちゃんにとって、産まれてきて初めての事だらけです。それと同時にママも『ママになって1ヵ月』です。焦らずゆっくりで大丈夫です。ママの心が乱れると、察知するように赤ちゃんも不安を感じてしまい、理由なく泣いてしまう事があります。

赤ちゃんが寝ている時は、ママも無理をせず心身ともに休むといいです♪

https://webymama.top/baby-growth/

-乳児

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5