乳児

生後11ヶ月の赤ちゃんの成長

生後11ヵ月

生後11ヶ月の赤ちゃんの成長

生後11ヶ月になると、つかまり立ちから手を離しバランスを取りながら立つ訓練を自らし始め、立つことができるとうれしそうに満面の笑みを見せるようになります。ママがその行為を褒めるとまた、一人で立つことをさらに、挑戦をするようになります。

離乳食時にも、積極的に食べていた赤ちゃんはママからもらうフォークに刺された食べ物を自分で刺して食べたがる段階に来たりします。興味を持ち始めると何でも自分でやりたがる積極性が芽生えてきます。

自分でやりたがるような時は、赤ちゃんにフォークを持たせて食べ物を刺すところまで一緒にやってあげて、その後は、様子を見ながら食べる時に手助けをしてあげましょう。

 

赤ちゃんの発育と発達

身長・体重の発育状態

  • 男の子
    身長 約69.5~78.5㎝
    体重 約7.5~10.5㎏
  • 女の子
    身長 約67.5~76.5㎝
    体重 約7.0~10.0㎏
  • 一人で立つことができるようになる
  • 簡単な言葉が理解できるようになる
  • 動作のものまねができる
  • 遊び方のまねができる
  • フォークを食べ物に刺して食べようとする
  • 積極性が目覚める

 

赤ちゃんの成長の様子

child-862979_1280

離乳食の量が増す

生後11ヶ月になる頃には、離乳食も一日3回になっていて、体に必要な栄養の60%~70%程を離乳食から摂ってくるようになります。母乳は1日2回~3回程になり、ミルクは1日約500mlぐらいになってきます。

この頃になると、料理のバリエーションも増えて、赤ちゃんの食べられる食品も増えてきます。硬さも歯ぐきで噛み砕けれる硬さであれば大丈夫になってきます。
ママやパパと同じ食事を一緒に食べれる日も、もう間近です。

 

バランスを取って一人立ち

伝い歩きが上達すると一人で立とうとしてバランスを取っている光景が見かけられるようになります。家や外でママやパパが赤ちゃんの両手や片手をもってあげると歩こうとし始めます。

赤ちゃんによってはママやパパの手を持って歩きたがる子もいたりします。
まだ、無理な長時間の歩行は、赤ちゃんの体に負荷がかかりますママやパパが加減をして「頑張ったね」といって抱っこをしてあげましょう。

 

この時期の注意!

一人で立てるようになると、さらに足腰に筋肉がつき始めドアに手をあて下に下げて戸を開けるようなドアは開けて入ってしまう恐れがあります。

お風呂場やトイレの水回りなどの部屋には、カギがかけられるようであれば入り口のカギはかけておきましょう。

また、お風呂の残し湯は厳禁です。

最後の人はお風呂のお湯は絶対抜いて出て来るようにしましょう。

 

ママの心と体のチェック

赤ちゃんの体も大きくなり、活動も活発になってきます。目を離したすきにという事故も増えてくる時期でもあります。

ママが家事をしなくてはいけない時などは、赤ちゃんをおんぶして家事等を済ませると安心していられるかと思います。

赤ちゃんの成長は、ママやパパには嬉しいことですが成長とともに心配りも怠らないように心がけていましょう。

-乳児

© 2020 WebyMamaママ&キッズ Powered by AFFINGER5