乳児 出産

臨月の妊娠10ヶ月であっても早産!?

投稿日:

臨月であっても早産なの!?

新生児

赤ちゃんが生まれてもいい時期になるとおしるしで出産の知らせをしてくれますが、医学の領域で用いられている生まれてもいい時期は正産期と呼ばれ在胎週数37週0日から41週6日の時期です。

臨月と正産期とは、週数の違いが異なり厳密には、臨月は妊娠10ヶ月目の妊娠36週から妊娠39週6日までといわれています。
妊娠36週での出産は「臨月」であっても医学的には早産と言われ、正産期の妊娠37週目に入ると少し安心します。

 

妊娠36週の出産に赤ちゃんのリスクは?

新生児 病院

妊娠36週目の頃の赤ちゃんの成長は、体つきや内蔵機能も大部分がしっかりとしてきて、新生児の赤ちゃんとほとんど変わらない外見になってきていますが、早産であることは間違いため身体機能が未熟という体にリスクが伴っている場合があります。

特に、赤ちゃんの体重が2500ℊよりも小さく生まれてきた場合には、脳性麻痺の症状など脳の機能や運動能力に支障があったり、呼吸がしっかりできなかったり、体温の調節ができないなどの弊害があったりします。

 

NICU(新生児集中治療室)の保育器に入る理由

新生児 保育器

妊娠36週の出産は、赤ちゃん自身が体温調整機能と呼吸器官が発達していないために人口の呼吸器や外気の温度になれるためにも保育器は必要となってきます。

胎児の器官形成で最後に肺の器官といわれているため、早く生まれてきた赤ちゃんは、いったんNICU(新生児集中治療室)の保育器に入るようになります。

保育器に入っていても赤ちゃんにママのパパも触れることもできます。
内臓器官に問題がなければ、4~5日でNICU(新生児集中治療室)の保育器からでられるようです。

妊娠36週で生まれて来た赤ちゃんが、平均より小さく生まれてきたとしても体重が3000gで生まれてきたとしても、近代医療技術が発達しているため過度な心配は必要はないかと思われます。

 

臨月の妊娠36週で生まれる原因

陣痛 ツボ

早産には、病的な要因と病的以外の精神的や感染症などもあげられます。

☆主な病的な原因としては
  1. 「妊娠高血圧症候群」
  2. 「子宮筋腫」
  3. 「子宮頚管無力症」
  4. 「前置胎盤」
  5. 「子宮の奇形」

などがあげられますが、なかでも「子宮頚管無力症」が一番多いといわれています。

☆病的以外の主な原因としては
  1. 「ストレス」
  2. 「感染症」
  3. 「喫煙」
  4. 「多胎妊娠」

仕事を持っているママに多い仕事のストレスや疲れなどの原因で起こる子宮収縮で起こることや、感染症ではウイルスや細菌に感染して子宮にまで影響を及ぼし子宮収縮が起こるという原因もおこります。

また、デリケートなこの時期には、たばこの煙の成分も早産を早めるともいわれています。ママの喫煙はもちろんのこと、喫煙者の吸う近くにはよらないように心がけましょう。
パートナーが喫煙者の場合には禁煙の協力を心がけましょう

 

早産は、胎児だけでなく母体もリスクが伴う

tumblr_o95bevvdAX1s5zxato1_500

早産となると、高度な医療設備が必要となり、緊急事態となると受け入れ先の病院も、常時通っていた産院に出産に必要な設備が整っていない場合には危険が伴う事態が発生しないともかぎりません。

早産を防ぐためにも、無理のない日常を過ごすことが何よりも安心です。
「妊娠高血圧症候群」「常位胎盤早期剥離」などの症状は、母体に大きな負荷がかかりますから注意を心がると共に、医療設備に関する知識や医師とも緊急事態の対応に関することもしっかり話し合っておくことも必要になってくると思われます。

 

-乳児, 出産

Copyright© WebyMamaママ&キッズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.